2018年06月22日

本日開幕

劇団四季のストレートプレイ「恋におちたシェイクスピア」は今日初日。すっかり忘れてた。四季のHPは見てなくて他のサイトで気がつきました。

面白いのかなあ。映画の方は観たけど。

ミュージカルではない芝居はチケット発売前にキャストが決まっているものだけど、そうではない。主演は誰でと宣伝するものだけれど、普通は。主演がダブルキャストでも、前売り前にわかるようになってたと思ったなあ、劇団四季の以前の公演では。
東京で約2ヵ月のロングラン。チケットはまあ売れてるようです。二重丸はなかったから。

面白いのかなあ。
本邦初演の新作だからきっと劇評が出るのでしょう。それ読んでから決めようかなあ。

10月からの東京公演は7月7日から会員先行予約開始。
ラベル:劇団四季
posted by Nobody at 17:27| Comment(0) | 演劇・ミュージカルなど | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

日本がコロンビアに勝った サッカーW杯

新聞には金星と書いてあった。でも1勝。どこに勝っても同じじゃないの。

サッカーはほとんどわからないので勝ってよかったと思うだけですが、また今回の1勝で盛り上がってきたらしい。
同じグループでは1位だし。2勝したらベスト16になれるのかなあ。
次の相手はセネガル。セネガルも2−1でポーランドに勝っているから日本と同じですね。セネガルに勝っても金星?

次の試合は24日。なんか間がある感じ、そんなものでしたっけ、サッカーの試合って。気分が冷めてしまわない? 勝ち進めば間が狭くなるのかな。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:38| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

今朝は大阪府北部で地震

昨日は群馬で震度5弱の地震。テレビを見ていたら緊急地震速報が出てびっくりした。揺れは大きくなかったのだけど、となり町では震度3くらいあったようだった。このあとも同程度の地震があるかもと言ってたけど。

今日は大阪で震度6弱。朝の通勤通学の時間だ。それも月曜日だし。
電車の中にいた人が多かったろうな。電車が線路に止まっている映像をニュースで見たけれど、乗客が降りてきた映像を見たのは随分時間がたってからでした。

これから帰宅の時間。ニュースによるとまだ止まっている路線があるそうだし、運転再開の見込みもわからないとか。
月曜日だけど、頑丈な建物にいるのなら帰らない方がいいのかも。
今後、また余震があるかもしれないし。

それにしても、朝の明るい時間の地震なのにいろいろな情報が入るのが遅い気がする。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:59| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

映画「ローマ法王になる日まで」(DVD)

アルゼンチン出身の現在のローマ法王が誕生するまでのお話。

以前ローマ法王になりたくないと逃げる映画を観たけれど、これは、現在の法王のお話。「もう引退の年齢なのに」と思いつつも心の奥の奥で法王になりたいと願っていたに違いない。出世したいというのではなく、法王ならばできることがある。アルゼンチンのため。失った仲間たちのため。今、虐げられている人たちのため。

映画はタイトル通りなる日までのことが描かれている。
もの凄く恐ろしい時代に神父として働いていた。教会があったから生きられたのかもしれないけど、神父でさえ殺害された時代があった。盾にもなっていたのに、よく生き延びられたという感じだ。

この人がローマ法王になったのは必然だったのではないかと思える。


ラベル:DVD 映画
posted by Nobody at 17:21| Comment(0) | 映画(DVD) | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

成人年齢が18歳に

法律が改正されました、4年後から施行。

成人式はどうなるか、なんてどうでもいいじゃないかと思ったのだけど、今年の成人式で晴れ着が着られなかったという事件があったことだし、自治体が行う成人式も大事なものになっているんだなあと思いなおしました。晴れ着を着せてあげたいし、成人式に着たいと思うのだろうと。
写真だけ先に撮影をするらしいけど、写真だけじゃという人も多いのでしょう。
晴れ着なんて着られないから成人式にも行かないという人もいるけど。

けど、4年後18歳の成人は成人式のあとに「酒が」飲めないぞ。今の成人式のあとでも飲めない人はいるけど、誰も飲めない。特に男の子は成人式で久しぶりに会ったともだちと酒が飲めることが楽しみかも。

法律では18歳で成人となるのだから18歳で成人式って考えるのかもしれないけど、あまり楽しい成人式にはならないよね。今だって楽しくないかもしれないけど。

高校の卒業式に成人式をするというのはどうだろう。3月はじめにまだ進路が決まってないという人もいるけど、卒業式には出席するでしょう。
高校に進学しなかった人などは、先輩の成人が祝ってあげればいいし。
まず高校(18歳)でやって、はたちになったらまた自治体で今の成人式みたいなのをすれば。

めんどうくさい? めんどうだったら成人式なんてしなければいい。行かなくたっていいのだし。
勝手に成人年齢引き下げるなよ、と思っている人もいるはず。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:31| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

開園前に4000人?

今日の上野動物園では開園前に4000人も待っていたらしい。やっぱりシャンシャンのお誕生日だし。でも4000人ってかなりですよね。普段はどのくらいなのでしょう。
ご近所の人がうらやましい。

今日はニュースの時間では米朝会談のことばかりで、他のニュースは後回し。民放のワイドショーなら楽しいニュースもやってるのかと思ったけど、どうだったのかなあ。首都圏ローカルニュースならシャンシャン情報もあるのかな。

午後5時からトランプさんの会見と言ってたけど、手柄話が長いのか遅れているのか。

ローカルニュース放送しますよね?
ラベル:ニュース 日記
posted by Nobody at 18:05| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

上野の子パンダ シャンシャン明日1歳の誕生日

休園日の今日はマスコミ公開があったらしい。ニュースで見ました。雨だったからか、室内のほうでずらりとカメラが。
新しくハンモックを作ってもらったようです。

明日は1歳の誕生日。なんかパーティーとかあるのかなあと上野動物園のHPを見ていたら、明日から表門(東園の入り口 パンダ舎の近く)が改修工事のため少しズレるらしいです。大した距離ではないようですが。

明日はお誕生日だし、上野の街もお祝いムードになるのかな。誕生前からずーっとだけど。  
ラベル:日記 パンダ
posted by Nobody at 17:35| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

映画「万引き家族」

奇妙な家族のお話。

タイトルに万引きとあるけど、しょっちゅう万引きをしているわけではない。この家族の「おとうさん」がたぶんそれしか子供に教えられなかったのです。
生活のためでもあったけど。

6人が家族でいたかった理由はそれぞれある。共通していたのはひとりぼっちでいたくなかったからなんだと思う。本当の親がいてもひとりぼっち。そんな子にはこの「家族」がほんとうの「家族」のようだった。
親は選べないけど、この「家族」なら幸福だった。一緒にいるだけでよかったのでしょう。
おばあさんもたぶんそうだ。

「家族」以外の人に異常だと思われても。犯罪だと言われても。

ラストは少し不安になります。
ラベル:映画
posted by Nobody at 17:32| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

関東地方も梅雨入り

天気予報が当たった。ほんとに昼過ぎから梅雨らしい雨になった。でも、明日の雨は朝までらしいけど、天気予報によると。

関東地方の梅雨入りもほぼ平年並みのようなので、雨も平年並み程度に降って欲しい。災害になるほど降らないでほしい。
雨は嫌いなのでほんとうは雨が降って欲しくないけど、カラ梅雨も困るから水不足になったりしない程度に降ってほしいなあ。農作物に悪い影響が出ない梅雨になってほしいものです。

けどやっぱり梅雨の期間は短い方がいいな。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:37| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

明日からは整理券なし 上野のパンダ

上野の子パンダシャンシャンを見たいと言いつつ、もう6月。シャンシャンももうすぐ1歳だって。

明日から入場順の観覧になる上野のパンダ。通常と同じになるということですね。親子3頭を並んで見るようなので。

入場券を先に買っておくといいと聞いたので、買いに行かないとと思っていたけどなかなか上野に行くことがない。上野方面に行っても動物園方面に行くことがなかったし。
シャンシャンはどんどん大きくなるなあ。

公開されたころはまだシンシンのなめなめのおかげでピンクっぽかったというシャンシャン。ライブカメラや動画で見ると今はきれいな白黒。シンシンのほうがずっと大きいけど、やっぱり大きくなってる。

先月は月曜開園の日もあったけど、今月は毎月曜休み。6月は梅雨だし、ふつうならあまり動物園日和じゃないもんね。雨の日なら空いてるかなと思ったけど、雨の日はあまり運動場に出てないかも。傘さして並ぶのも嫌だし。

整理券があったほうが並ぶ時間は少なそうだけどなあ。整理券の時は正面玄関から入場した人でないと整理券が貰えなかったようですが、これからはどこの入り口からでも大丈夫だとか。でも正門が一番パンダ舎に近いから並ぶよねやっぱり。
ラベル:日記 パンダ
posted by Nobody at 17:59| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

映画「スイス・アーミー・マン」(DVD)

死体に助けられた男のお話。

なぜか無人島にいる男。首を吊ろうとしていたら、浜に死体が流されてきた。助けを待ってた男だったから再び死のうとしたら、死体がガスを出して動いている。死体でもひとりよりいいかと流されそうになる死体に近づくと……。

別の場所に流れ着くふたり(?)。死体のおかげで助かったと一緒に森の中へ。どうしたことか死体がしゃべりはじめる。

ありえないし、おバカだし。ありえないのはファンタジーだと思えばいいのだけど。

これほどおバカなお話だとは思わなかった。

この死体はおばけではないし、ダメダメ男子の空想や妄想でもないだけ物語としてはましかな。



ラベル:映画 DVD
posted by Nobody at 17:39| Comment(0) | 映画(DVD) | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

サウジアラビアの新法案

サウジアラビアではセクハラが罪になる法案が承認されたそうだ。サウジアラビアで。女性の自由が少なそうな国で。

女性が自動車を運転できるようになるというのが6月24日から。そんな国でセクハラが「最大5年の禁固と約870万円の罰金」という罪になる。
国王の指示で立案されたそうだ。

女性に自由がない分、セクハラも他の国より少ないのではとも思うけれど。もしかしたら、他の国に向けてではないかとも思う。

セクハラがあっても「罪」じゃないなんて言う政治家のいる国でも「セクハラが罪になる法律」つくったらいいのでは。
ラベル:ニュース 日記
posted by Nobody at 20:31| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

成人年齢の引き下げ

成人年齢が20歳から18歳に引き下げられそうです。誰のため? 何のため? 

成人年齢を引き下げたらいいことあるのかなあ。有権者は増えますが。
18歳で成人だといってもお酒もたばこも「おあずけ」だし、もちろんギャンブルもだめ。
でもローンなどは組めるそうです。

今だって奨学金の支払いに苦労しているという話はよく聞きます。奨学金というのは成績のいい子しかもらえないものだと思っていたけど、そういう奨学金ばかりではないらしい。奨学金という名の借金。

米国の学生は進学のためにローンを組むのが普通で、返済が大変だとか。日本でもそういう学生が増えるのかも。そういうローンでなくても、世の中悪い大人が多いし。

そうか、成人年齢イコール大人ではないのか。そう考えたほうがいいのかもしれない。とりあえず、学生のうちはまだ子供だと思うし。
でも、借金はできちゃうのか。そこは変だなあ。

この民法の改正が成立したら、施行は2022年4月1日だそうです。
ラベル:ニュース
posted by Nobody at 17:58| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

映画「いつも心はジャイアント」(DVD)

巨人を空想する奇形の病気の男性のお話。

ドキュメンタリーのように始まったので、何借りたんだっけと思ってしまいました。

男性はペタンクという鉄の球を投げる競技をしている。そこでケガをしてしまって、チームがなんとなくギクシャクしてくる。
それまで仲間たちは奇形のこととか病気のこととかほとんど気にしていなかったようです。仲間は彼のためを考えてくれているのだけど。
特に仲の良いチームメイトと大会に出ることにする。

母親は神経を病んで男性を育てられなかった。男性は障がい者の施設のような所で暮らして、母親は別の施設で暮らしている。

母親の写真を大事にしているところは、「エレファント・マン」みたい。母親のいる所がわかっているだけ幸せ。

彼の夢見る巨人は、のっしのっしと山に登ったりして雲を下に見たりする。誰も見たことのない風景だ。どこにでも行ける。でも、孤独なのだろうな。


ラベル:映画 DVD
posted by Nobody at 16:59| Comment(0) | 映画(DVD) | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

どちらも気の毒

昨日会見をしたふたりの大人のことではない。ふたりの言うことをきかなくてはしょうがないと思った子がかわいそうだ。20歳で大学3年生だと言っても、もうお酒が飲めるようになっても、選手はふたりの「子供」に違いないのだから。

日大アメフト部の選手が会見をしたときに、はじめて名前と年齢がわかった。大学生だからマスコミでは名前は出せないんだろうなと思っていたけど、自分で顔も出したのだからしかたがない。報道では消極的な出し方だけれど。もちろん日本代表に選ばれるくらいの選手だから、大学アメフトを知ってる人は知っていたのでしょう。
自分から顔を出すのはとてもえらいと思う。もう20歳で未成年ではないとはいえ。
あの試合の前に相談できる人がいなかったのかな。「追い詰められていた」とはいえ反則プレーはいけないことだと、日本代表からも降ろされるだろうと思わなかったのかな。

ケガをさせられた関学大の選手はもちろん気の毒だ。いくら日大の監督やコーチに頭を下げられてもケガがすぐ治るわけでないのだから。

昨日の監督とコーチの会見では、この期に及んで「言った言わない」になっている。「信じてもらえない」とわかっていても。

反則プレーを「強いられた」子が「追い詰められて」しまったのは関学大との試合の前からなのに。試合前の言葉だけではないのに。

アメフトが大好きだった子なのに、もうアメフトをしないと言っていた。子供の夢を奪うなんて、ひどい大人たちだ。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:14| Comment(0) | 日記・その他 | 更新情報をチェックする