2017年08月21日

映画「手紙は憶えている」(DVD)

妻を亡くした老人が昔アウシュビッツにいたドイツ人を探すお話。

90歳にもなる老人の妻は1週間前に亡くなったのだが、朝起きると忘れてしまっている。毎朝少し混乱する。
彼はユダヤ人でアウシュビッツにいた。家族を殺された。彼のいる老人ホームには同じめにあった人がいた。その人が書いた手紙にそって、妻を亡くした老人はアウシュビッツにいたドイツ人を探す旅に出る。

手紙には妻が亡くなったこと、認知症のこと、この旅ですることが書いてある。

サスペンス映画です。サスペンスものはあまり借りないので、本当にサスペンス?と思いながら観ていたら、まさかの結末でした。

ラベル:映画 DVD
posted by Nobody at 16:05| Comment(0) | 映画(DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

妙な天気になってきた

変な風が吹いてきたので雨戸を閉めてしまった。蒸し暑いので閉めたくなかったのだけど。どうも、竜巻注意情報も出ているらしい。
でも、竜巻注意と言われてもねえ。「頑丈な建物の中にいるように」なんて言われても、そんなのないし。どうしたものでしょうね。

大雨注意報も出てましたけど、まだ降ってません。
ラベル:日記
posted by Nobody at 18:00| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ホントに? ニホンカワウソ発見

対馬で撮影されたカワウソが5年前に絶滅したとされたニホンカワウソなのかどうかとかなり大きく報道されてる。近い種類のユーラシアカワウソかもという話だけれど。

今日本にいるコウノトリも日本にいたものは絶滅していて、近い種類のコウノトリを定着させたわけだし、近い種類のカワウソだとしても、「日本のカワウソ」と言ってもいいのかもしれない。コウノトリの場合は野生種が飛来したりもしたけれど、コウノトリの住める環境ができたから定着するようになったわけで。
今度はニホンカワウソが住める環境ができれば、この対馬のカワウソがニホンカワウソでなくても、増えてくれれば「日本のカワウソ」になるのでしょう。

カワウソが絶滅したと聞いたときに「?」と思った。カワウソっているよねえと思ったので。別の種類ののカワウソは日本にいるらしい。なんかまぎらわしい。ペットにできるカワウソもいるらしい。

絶滅したと思った動物がまだいたというのは、夢のあるいいニュース。
ニホンオオカミも日本のどこかにいるといいな。
ラベル:ニュース 日記
posted by Nobody at 18:11| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

今日は終戦の日

いつも全国戦没者追悼式をテレビで見ながら、日本は戦争をしないと確信するのですが、今年は何か違いました。なぜだろう。

今の天皇陛下が2、3年のうちに退位することになるから? やっぱり先の戦争を知っている人とそうではない人とでは全然違う。脳の中のどこかが。体の細胞のどこかも。いくら本を読んだり話を聞いたりして知っているつもりになっていても。
何であれ、体験した人としてない人とでは違うのだ。想像だけでは足らない。

戦争を体験した人が少なくなっても、やっぱり日本は戦争はしない。どうして今日、国会議員が靖国神社に参拝したいのかも理解できないけれど、日本は戦争をしない。
どうして日本は隣国の人にまだ信用されていないのだろう。
ラベル:日記
posted by Nobody at 20:19| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

まだまだ赤ちゃん 上野のパンダ

上野のパンダの赤ちゃんもう2ヶ月。ニュースでも上野動物園の動画でも見ましたけど、まだふにゃふにゃしてますねえ。オメメも開いてるけどまだよく見えてないとか。

生後100日後くらい(9月下旬)にお名前の発表があるとか。いちおう応募したけど、どんな名前になるのかなあ。
親子の公開はやっぱり生後6ヶ月くらい(12月)になるそうです。
生まれた時はとても小さかったのだもの、やっぱりしっかり子パンダらしくなるのにはその位の時間がかかるのでしょう。

でもやっぱりライブカメラとかで見たいなあ、親子の様子。
ラベル:日記 ニュース
posted by Nobody at 17:27| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

映画「アスファルト」(DVD)

フランスの、ある団地の住人たちのお話。

エレベーターの修理費を「エレベーターは使わない」と言って払わない男性。
母親が部屋にいつもいなくて学校をサボってる少年。
息子が鑑別所みたいなところに入っている母親。

なぜか宇宙飛行士の様子がはさまれてる。

エレベーターは使わないと言ってた男性は馬鹿なことをして、足を痛めて車椅子の生活になってしまう。だから、団地を出るにはエレベーターを使わないといけなくなるのだけど、「使ってはいけない」と決まったので堂々と使えない。
誰もエレベーターを使わない夜中に乗って外に出る。

エレベータの修理の日に引っ越してきた女優は、隣の少年と知り合う。

手違いで団地の屋上に帰還してしまった宇宙飛行士は、(たぶん最上階に住んでる)息子が留守の母親の部屋に助けを求める。言葉は通じないけど母親は親切にしてくれる。

お話はバラバラ。なんか変。共通点は何かな。「秘密」かな。
秘密は楽しい。


ラベル:DVD 映画
posted by Nobody at 17:08| Comment(0) | 映画(DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

今日は山の日

学生は夏休み中だし、今日が休日になってもあまり恩恵を受けないと思うのだけど、今年はお盆前の週末になったからか帰省ラッシュのピーク日だとか。お盆の帰省にしてはまだ早い気がするけど。お盆だから故郷に帰るのではなく、お盆休みだから実家に帰ったり遠出をする人が多いのでしょう。
せっかくの山の日だから山に登る人も多いのかなあ。

なぜ8月11日なのかと思ってWikiを見てみたら、日にちはあまり意味がないようです。やっぱりお盆の近くにしたかっただけのよう。お盆にはちょっと早いのだから、今日がピークと言っても少しは人の移動がバラけたのでしょうか。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:51| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

今日はナガサキの日

長崎の平和祈念式典で「長崎を最後の被爆地に」と聞いた。今日だけでなく、以前も同じ言葉を聞いたような気がする。「もう被爆する人がひとりもいないように」と言っているのだと思っている。
核兵器がなくなることが一番だけれど、原発も核です。あの原発事故で被曝した人はいるわけです。
核実験で被爆した人もいるのです。原発で働いていて被爆する人もいるのです。

もちろん原発事故と原子爆弾とは違います。けれど、もし原発にミサイルが落ちたらと考えると、核兵器と原発は違わないと思うのです。

それから、もう被爆する人がひとりもいない世界は、核の傘が安全だと信じている世界ではないと思うのです。
ラベル:日記
posted by Nobody at 18:05| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

今日は立秋

昨日はヒロシマの日で、2度目の土用の丑の日でした。今日が立秋なら、昨日節分だったのだなあ。今日からは残暑お見舞いになる。

それよりも台風5号が本州にやって来ている。凄く遅くて迷惑な台風だ。夏の甲子園の開会の日だったのに、前日に延期が決まった。
関東地方は午後から雨とか昨日も今朝も天気予報で言ってた気がするけど、昼の予報では夕方になっていました。まだ降ってないようなので、雨も風も夜になるのでしょうか。

風が少し吹いてきました。台風の影響でしょうか。昼間鳴いてなかったセミが鳴きだしたけれど。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:23| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

映画「ミス・シェパードをお手本に」(DVD)

バンに住む老女と劇作家のお話。

ほとんど実話とあるけどたぶん沢山盛っている。
ただ、シェパードさんのことは本当なのかもしれない。

最初の場面でもうこの老女が事件から「逃げている」のだとわかるので、捕まってしまうのかなあと思ってしまうのですが、違いました。

ぽんこつなバンに乗って、きっと異臭のするシェパードさん。でもご近所さんは親切。表向き親切。追い払ったりなどしません。住人たちは中流でそこそこいい暮らしをしていて、つくり笑顔が上手な人たち。
シェパードさんは全然感謝せず、謝らずのなのに。

そんな所に引っ越してきた劇作家。ひとりものであまりお金はありそうにない。年老いた母親ネタの芝居ばかり。そこそこウケているようだけど。
なぜかシェパードさんが居ついてしまう。駐車場だけど。
今度はシェパードさんネタを書くようです。

シェパードさんの過去を知るうちに、どうしてこんなにも性格がねじ曲がってしまったのかなと思う。逃げていたからなのか。

シェパードさんが劇作家の家の駐車場に居ついて15年。その間にロンドンは福祉が良くなったようです。劇作家もシェパードさんもほとんど変わりがないのだけど。



舞台劇を映画化したものだそうです。やっぱりこの劇作家はシェパードさんネタで書いたんだな。
ラベル:DVD 映画
posted by Nobody at 17:47| Comment(0) | 映画(DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

両目が開いたって 上野のパンダの赤ちゃん

上野動物園のほうにはまだ記事がなかったのだけど。動画はテレビの方が早いのかな。NHKのニュースで見ました。
動画では「はいはい」もしてます。「はいはい」というより「ずりずり」? 四本足だから。

身体測定ごとに動画や様子が見られるのもいいけど、ライブカメラで見られるようになったらいいな。無理かな。


追記 8/3

AFPBB Newsの動画
https://youtu.be/fT5j5ws4g1c
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:30| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

浅利演出事務所の次回公演

時々HPをのぞいていたのですが、しばらく見ていなかったようで、次回公演の情報が出ていました。日下武史追悼公演として「思い出を売る男」。
うーんどうかなあと思っていたら、昨日届いた四季の会報の方にも出てました。
追悼公演なのに日下さん主演の舞台ではないというのは、どうなのだろう。主要キャストはたぶん前回とかわらないのでしょう。劇団四季で上演された「思い出を売る男」しか観ていないのですが、日下さんでないあの乞食役はどうなのだろう。
日下さんが最後に出演した舞台だからこれなのかな。

できれば「鹿鳴館」にしてほしかった。影山伯爵を演れる人いないかな。でも、いつか上演してほしいと思いいます。
ラベル:日記
posted by Nobody at 16:53| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

映画「ストリート・オーケストラ」(DVD)

スラム街の学校のオーケストラ部の先生になったバイオリニストのお話。

神童と言われ、父母の期待も受けてバイオリンにすべてを捧げているのだが、上手くいかない。それでもいい仲間がいるし、いい人なのだ。そんなにお金にならないのに、オーケストラの先生の仕事を引き受けたのだから。

子供たちのオーケストラは耳をふさぎたくなるようなひどい音。ひとり筋のよさそうな男の子がいる。

先生もたぶん貧しかったのでしょう、子供たちに自分が重なるのでしょう。匙を投げずに根気よく教える先生。何度もやめようと思ったろうけど。
子供たちを守ろうとしてギャングに会うことになったり。

ラップやブレイクダンスが似合いそうな子たちなのに、よく退屈だとやめないで、クラシックの曲を弾いているなあとも思うのだけど。そこはよくわからない。試験の免除とかあったのかな。学校のためになんて子供は思わないでしょうし。

子供たちは上達し、音楽の楽しさを感じていく。

先生はオーディションに受かって、有名な交響楽団に入れることになる。両方掛け持ちは無理だと思うけど、やっぱり心配で先生もしてしまう。心配してるほうが本業がおろそかになってしまうから。

モデルになった楽団があるようです。スラム街のオーケストラという話は聞いたことがあると思ったけど。とくに「実話に基づく」とただし書きはなかったみたいなのですが。

エンドロールの曲がカッコイイです。


ラベル:映画 DVD
posted by Nobody at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

上野の赤ちゃんパンダの名前募集中

昨日のニュースでも報道されてますが。応募は8月10日まで。

誰でも応募ができるから、かなりの数の名前が集まりそうだけど。応募の多い名前で決まるわけではないらしいし。決めるの大変そう。だからカタカナの名前で募集しているのでしょうか。それでも、大変そうだけど。

やっぱり音読み漢字二文字になりそうな名前にしないといけないのかなあ。日本ぽい名前では採用されないのかなあ。日本で生まれたのだから日本ぽい名前でもいいと思うのだけど。

日本ぽくて上野っぽい名前。

名前のおひろめは生後100日ごろだそうです。でも赤ちゃんのおひろめはまだらしいです。
ラベル:日記
posted by Nobody at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

セミが少ない?

先週、ちょうど梅雨明けのころ今年はじめてセミの声。ギューーーンと聞こえたのですが、図鑑などを見てみるとニイニイゼミのようです。
今日やっとミンミンゼミが鳴いていました。

こんなに暑い日ばかりなのに、セミ鳴かないなあと思っていたのですが、梅雨入り前も梅雨の時期も暑かったからそう思ってしまっただけか。7月8月がセミの季節でしょう。7月も終わりに近いけど。

セミが沢山鳴き始めたら「ああうるさい」と思うけど、あんまり鳴いてないのも変な感じ。

アブラゼミは6年土の中(幼虫)だそうだ。6年前って震災があった年。あの年のセミは静かだったけ? 震災とは関係ないと思うけれど。
ラベル:日記
posted by Nobody at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする