2016年11月29日

加藤健一事務所「誰も喋ってはならぬ!」下北沢・本多劇場にて

やっぱり「喋ってはならぬ」には2つの意味がありました。レコード聴きたいのだからということだけでなくて。ただし、どうしてそれが今日なのっていう悲喜劇。
主人公にとって楽しい土曜日のはずだったのに……。

カトケン演ずるミッシェルはちょっと嫌な奴です。少し人を見下す感じがある。でも、かわいそうなのですが。

初共演の島田歌穂さんは珍しく歌わない役です。歌わない歌穂さん見るのは初めてかも。

登場人物はみんなヘンな人です。

階下の住人でポーランド人のパヴェル(初共演の渡辺徹さん)はまあまともな人かも。ずうずうしいけど。
とても丸々してる体型と憎めないところが、このとんでもない土曜日のお話の角を丸くしてくれてるようです。

欲しかったレコードを手に入れて上機嫌で帰ってきたミッシェルに妻のナタリーがある告白をする。20数年昔のこと。そんなのもう時効だしそれほど悩まなくたってとまだ機嫌のいいミッシェルも観客も思います。だってミッシェルだって同じことしてるしー。
でも終盤になってやっと登場人物が全員出てきて聞きたくない、言って欲しくない、とんでもない告白。
今回の笑いはひきつります。

ラストでひとりになったミッシェル。静かになった部屋でやっとレコードが聴けるのだけど――

フロリアン・ゼレール作、中村まり子訳のこのお芝居は本邦初上演。ゼレールはフランスで超売れっ子作家だそうです。

上演時間は2時間弱。休憩なしです
12月7日まで
posted by Nobody at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

浅利慶太プロデュース公演でミュージカルのオーディションだそうです

劇団四季のHPを覗いたら載ってました。ミュージカル「夢から醒めた夢」のオーディションだそうです。浅利さんのほうで上演するのか、あれ。
野村玲子さんの役がないし、と思ったのですが、マコの母親?でしょうか。歌あるし。
オーディションでは若い人たちを集めたいのだろうなと思います。

好きなミュージカルのひとつですが、浅利慶太プロデュースで上演するとは。浅利さんにはミュージカルでない、演劇の公演をしてほしいのになあ。
保坂知寿さんのピコが小学生なのに色気があって面白かった。もともとはこどもミュージカルだったのだけど、あれを観た小学生たちはどう感じたやら。

この公演は6月上演予定だそうです。「アンチゴーヌ」のあとにもう1公演くらいはあるのかな。
ラベル:日記
posted by Nobody at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

映画「僕だけがいない街」(DVD)

過去から未来を変えようとするお話。

なぜか過去に戻ってしまう主人公が小学生の時の事件を起きないようにする。そうすれば未来の事件も起きなくなるから。過去の小学生の自分に戻る。小学生でも中身は大人の自分。

子どもたちは正義だ。悪いのは大人だ。

主人公はヒーローなのに淋しいタイトル。大人になっても彼は正義の人なのだけれど、いなくならなくてもいいのに。
過去から戻った自分は孤独ではなかったのだし。

大人になっても子ども時代と中身が変わらなかった人なのかもしれない。
何かもったいない。


ラベル:映画 DVD
posted by Nobody at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

やっぱりかわいい オーストリアの双子のパンダ

AFPBBの動画から
https://youtu.be/u_Kpl5d952Y

生後100日を越えたので名前が決まったそうです。

おかあさんと一緒に木をくりぬいたねぐらのようなところに入っているのはちょっと珍しいショット。産室だったのでしょうか。普通双子パンダだと、一頭ずつお乳を飲ませたりしてるのを見たことがあるけど。どうだったのでしょう。

二頭ともおとなしそうで、動きもよく似ているなあ。
ラベル:日記
posted by Nobody at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

初雪

東京都心では54年ぶりという11月の初雪が降りました。

昼頃まで結構降っていたのですが、3時前にはすっかり止んで青い空も見えてました。ちょっと積もったのですが、明日晴れたら消えそうです。都内ももう解けてしまっているのかな。

人騒がせな初雪です。雪のせいで怪我した人とかいないといいですが。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

飛び起きました

今朝6時(正確には5時59分)。とても揺れが長くて大きい地震だと思って、最近多いから茨城かなと思ったのだけれど、揺れが止んでからラジオをつけたら「震度5弱震源は福島……」と言ってた。もう震源地が出てると思ったら、今度は津波警報で「逃げてください」ばかりになった。
テレビと同じ音声だったようですが、ラジオでは画面ないし、伝わる情報が少ないというのに。関東の震度とかはどうなのかわからない。

けど本棚が倒れなかったし、最大震度が5弱なら4くらいかなと思いましたけど。けっこう揺れたので、もっと最大震度が強いかと思ったのだけれど。

朝6時です。ちょうど通勤通学の人たちが起きるような時間です。津波警報が出てるのはわかるけど、情報を伝えてもらいたいです。
地震が感じなかった地域は普通の番組だったのでしょうか。

こういう時にはスマホが便利なのかもしれないな。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

大統領って?

お隣韓国の大統領が支持率5%だそうで大変なデモが起きているようです。凄いなあとニュースを見てたのだけど、そういえばどうして韓国は大統領制になったのだろう。

先日DVDで見た映画「独裁者と小さな孫」も独裁者は大統領。原題は「The President」。
大統領って、身内に甘くなったり、独裁的になりやすいのでしょうか。

安倍首相が米次期大統領のトランプさんに会いに行ったけれど、やっぱり不安だったからかと思えてきました。きちんと勉強してくれるのか、どんな人なのか早くわかりたかったのでしょうか。
「安倍さんとトランプさんは似ている」という声も聞きます。「おともだち」になりすぎるのも困りますが。

まだトランプさんは大統領になっていないのだから、誰が会いに行ってもいいのでは? 首相でなくても。どうなのだろう。

それにしても、韓国のひとたちのデモは凄いです。日本ではあれほどのデモはしないでしょう。これも大統領制だからなのでしょうか。
ラベル:日記
posted by Nobody at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

松竹「三婆」新橋演舞場にて

有吉佐和子原作の「三婆」。これまで何回も上演されてきた舞台です。テレビか何かで観たような気がしていたのですが、覚えていません。今回の「三婆」は大竹しのぶ、キムラ緑子、渡辺えり。怖いものみたさです。

はじめは60代。全然お婆さんではありません。ほとんど本人たちの年齢ですし。なので劇中「おばあさん」って呼ばれたりするとちょっと変な感じ。「おばあさん」になんて見えないから。舞台は50年ほど前のお話です。

主人を亡くして唯一残った家に本妻さん、小姑、お妾さんがなぜか同居することになって起きるいざこざ。
3人とも子供もいないし、似た境遇なのだけど、仲良くできるわけがない。

逃げるように田舎に引っ込んだ専務の重助がやけに老けこんで東京に帰ってくる。三婆たちよりは少し年上だけれど、毎日けんかしてるような三婆たちの方がやっぱり元気。
ありえる話です。

三幕もので三幕は20年後です。80歳の三婆たち。もう完全におばあさんたち。仲良くおばあさん。それがとても哀れに見えます。でもひとりじゃなくてまだいい。

50年ほど前の話なので、ちょっと違和感があったりします。でも、今とあまり変わらないなと思います。

怖いかと思いきやそれほどではありませんでした。段田安則さんの重助がいたからかも。とぼけたところがよいです。


11月27日まで
ラベル:演劇
posted by Nobody at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

映画「キャロル」(DVD)

カメラマン志望の若い女性と年上のキャロルとのお話。

キャロルはとても魅力的で美しい女性。けれど、離婚後の子供の親権問題で悩んでいる。どうして彼女は夫と別れることになったのか。彼女が望んだことではないのに。
夫は彼女を同性愛者だと思っている。

確かにそのとおりのようだけど、同性愛者という言葉は出ない。
若い女性の男友達が言うとおり「惹かれる」ものは性別も何も関係ない。惹かれるものに惹かれるものだ。
惹かれるのはなぜかと考えるのも無駄なことかもしれない。

カメラば惹かれるものに向く。
心だってそう。

1950年代の話のようですが、ファッションとかいろいろ素敵です。


ラベル:映画 DVD
posted by Nobody at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

14日はスーパームーン

14日は大きめのスーパームーンが見られるそうですが、関東地方南部では今のところあまりいい天気ではなさそう。

今日も面白いことがないなあと思っていたら思い出しました。今、月が出ていたので。14日が満月だそうですが、満月に近い大きな月が見えました。良い天気なのでとても明るくきれいです。
明日も天気だったらもっとまあるい月が見えるかな。

それにしても、せっかくのいいお天気の日。出かけなくて損した気分。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

究極の二択だったのかも

クリントンさんとトランプ氏、どちらも人気がないというか嫌われてたようなので。でも「トランプ大統領」になってしまいましたねえ。クリントンさんではガラスの天井は破れなかったか、それ以前の問題か。
大国アメリカの大統領、他国のことだからとは言っていられない。

就任はオバマ大統領の任期が終わってからだからまだ少しの間がある。この間に政治の勉強をするのでしょうか。議会も共和党が与党だから、オバマ大統領よりは仕事はしやすいかもしれませんが。
政治経験がなくてもやっていけるものなのでしょうか、大統領って。

ただ怖いのはこのトランプ氏が「核のボタン」を持つこと。核兵器のことも勉強してください。日本が核兵器を持てるわけがないことも。
ラベル:日記
posted by Nobody at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

どこの会社も長時間労働させてるのでは

大手広告会社の電通で残業時間の改ざんがあったと聞いても、驚かない。残業代が(足りなくても)出るだけまし、と思う人もいっぱいいるのだろうなあ。

働かされすぎて自殺しか考えられなくなってしまった新入社員の女性は本当にかわいそうだと思います。労災は認められたけれど、過労のせいでしょうけど、これは上司の責任もあると思う。誰も助けてくれなかったおかな。助けられなかったのかな。
なぜ彼女は「会社を辞める」という選択肢を選ばなかったのかと思ったのだけど、辞めたら負けだと思ったのでしょうか。まじめな人だったそうだし、きっと正義感も強かったのだと思う。

長時間労働とか残業時間の改ざんとかに目がいくけれど、問題はもっと見えにくいところにあるのでは。そういうところまであぶり出せればいいけれど。
ラベル:日記
posted by Nobody at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

カープが優勝パレード 広島

テレビのニュースでも見たけれど、やっぱり真っ赤っ赤のパレード。真っ赤な2階建てバスに乗ってるようだったし。見てる人たちも真っ赤だし。41年ぶりだからかもしれないけど、すごいなあと思いました。

数日前新聞に視聴率ランキング20が出てたのだけど日本シリーズの中継が3つ(かな)入ってた。やっぱりプロ野球だって観られてるんじゃないのと思ったのだけど、昨年は1つもランキングに入らなかったらしい(TOP10か20か確かでない)。
カープ人気のせいだけ? なのでしょうか。

2020年の東京五輪で野球・ソフトボールが種目に入ったし。ちょっと野球人気が上がってるのかも。

来季は地上波のテレビ中継とかがもう少し増えないかなあと思ったのでした。ジャイアンツばかりとか偏るのは困りますけど。
ラベル:日記
posted by Nobody at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

野菜高騰で給食が2日間中止 鈴鹿市で

昨日テレビのニュースで見て、今日の朝刊にも載っていましたが、野菜の高騰が給食を中止追い込むものなのでしょうか。給食費4100円の小学校と幼稚園での給食がやりくりがつかないらしい。中学校では給食費が4700円でやりくりができると給食の中止はないらしい。
給食2回分のやりくり、幼稚園と小学校で、できないのですかねえ。理由は野菜の急騰だけで。
市の条例で外国産の食材が使えないということもあるようですが。

変なの。

野菜が安くなったら2回分の給食中止はなくなるのでしょうか。中止になるのは2学期最後の給食と3学期最初の給食だそうです。まだ先のこと。
給食費の前年度繰越金などもないのでしょうか。
中学校の方はやりくりできるのなら、量の少ない幼稚園や小学校でやりくりできないというのが不思議です。
ラベル:ニュース 日記
posted by Nobody at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

映画「独裁者と小さな孫」(DVD)

独裁者の大統領とその孫の逃亡劇。

とある国の独裁政権の国で反乱が起こった。大統領は命を狙われることになる。大統領を慕う小さな孫を連れての逃亡。
懸賞金をかけられて、誰もが大統領の敵になる。

老齢に見えるが、見た目よりは若いのかもしれない。軍服を着た姿は「独裁者」のようだけど、それほど悪い人間には見えない。逃亡中には盗みもするけど。孫を甘やかすようなこともしないし。

逃亡中に出会う人たちはみな貧しい。独裁者の治める国はみんそうなのかもしれない。

大統領も生まれつき大統領だったわけではなく、独裁者でもなかったのではないか。たどる道々での大統領を見るとそう感じる。ただ「お芝居」をしているようではないから。でも、助かろうと思って海辺まで逃げていく。浜辺は隠れるところがないのに。

結構怖ろしいめにあったり見たりするのだけど、小さな孫はあまり怖がらない。泣いたりもしない。たぶん次の大統領になれると信じている。

大統領の味方はいない。ただ報復することがいいのかという人がいる。
さあ、どうする。


ラベル:DVD 映画
posted by Nobody at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする