2012年02月02日

映画「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」

長いので映画館で観ました。3Dではなく2Dで。
東京オリンピックのあった昭和39年のお話です。
とてもわかりやすい映画です。

ただ、今回はお話の流れがおおざっぱな感じがしました。今回もいろんなことが起こるのだけど。
前の2作と雰囲気がちょっと違う。東京オリンピックのころは、随分豊かになったから? 時代のせいでしょうか。
子役の子が大きくなっちゃったのも、雰囲気がかわったところかも。
もうひとつは、大人もちょっと成長したからでしょうか。ちょっとですけどね。いろんな意味で「親」になったから。

観客は、昼間の時間帯だったからかもしれないけど、60歳代以上のご夫婦が多かった感じです。東京オリンピックの頃青春だった(?)世代でしょうか。その時代を知っているからなのかなあ。
けど、田舎と東京とはちょっと違うと思うなあ。やっぱり東京の方がずーっと進んでるし豊かだもの。
それに、夕日だってあまりきれいでなくなったのではないのかな、スモッグで。ビルも建って見晴らしも悪くなったと思うし。

観終わって、次はないのかなという感じがしたのですが、どうでしょうか。うんと時代を飛ばしたらいいかなあ。

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
ラベル:映画
posted by Nobody at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック