2012年11月11日

映画「のぼうの城」

忍城の戦い。いちおう史実に基づいたお話。

1年公開が延びた映画ですが、これならしょうがないかなと思いました。水攻めってのはこわいなあ。卑怯だし。
戦略だから、卑怯も何もないのですけど。このころの戦いは、勝てばいいというものでもなさそうです。

まったく武士らしくないのぼう様。強くもないし、何ができるでもないけれど、憎めない。いばらないけど、頼りない。
けど、のぼう様が言うなら、そうしようと皆が言う。戦でも。

戦の場面はなんとなく既視感がある。こんなに強い武将がこの城にいるなんて不思議。頭脳戦でもあるのだけど、強すぎじゃない?

おかしくて笑ってしまうけど、すぐに泣けちゃう。弱い人が強いものに向かっていく姿は、いい。

はじめのほうの、のどかな田園風景はどこで撮影したのかと思いましたが、エンドロールで現在の行田市が映ります。はじめのほうの田園風景とは違いますが、まだたんぼがあって、のどかな風景。城のなごりや堤、敵方の本陣があった小山のようなまあるい古墳。
いいところは変わってないんだなあ。

平日の昼間だったからか、シニアばかりのようでした。エンドロールもちゃんと見てよ。まだ終わりじゃないってば、もったいない。

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
タグ:映画
posted by Nobody at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301357838
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック