2016年09月18日

映画「パリ3区の遺産相続人」(DVD)

父親からパリのアパートを相続した男のお話。

相続したアパートには人が住んでいる。アメリカから来たすっからかんの男はそこを売ってお金に換えようと思っていたのだけど、簡単に売れない物件だった。「ヴィアジェ」という賭けみたいな契約で。
住人の92歳の老女は男を住まわせてやるのだけど。

ちょっとミステリアスなお話なのかと思ったら、そうでもない。エーって思いますが。

子どものころから好きになれなかった父親を恨んで当たりまえだし、この老女も憎まれて仕方がない。でも92歳のおばあさん、いまさら憎めない。

ただ、パリの街でこのアメリカ人の男が柔らかく変わっていくのは、この父親の遺産のおかげかもしれない。


ラベル:DVD 映画
posted by Nobody at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック