2016年11月14日

映画「キャロル」(DVD)

カメラマン志望の若い女性と年上のキャロルとのお話。

キャロルはとても魅力的で美しい女性。けれど、離婚後の子供の親権問題で悩んでいる。どうして彼女は夫と別れることになったのか。彼女が望んだことではないのに。
夫は彼女を同性愛者だと思っている。

確かにそのとおりのようだけど、同性愛者という言葉は出ない。
若い女性の男友達が言うとおり「惹かれる」ものは性別も何も関係ない。惹かれるものに惹かれるものだ。
惹かれるのはなぜかと考えるのも無駄なことかもしれない。

カメラば惹かれるものに向く。
心だってそう。

1950年代の話のようですが、ファッションとかいろいろ素敵です。


ラベル:映画 DVD
posted by Nobody at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック