2017年03月26日

聴いていて違和感のある言葉

このところセンバツをラジオで聴いている。ほぼ聞き流している感じなのだけど、勝ったチームの選手のコメントに不思議な言葉がある。その言葉をNHKのアナウンサーが伝えてくれるから余計に違和感があるのかもしれないけど。

「素直にうれしい」という言葉。聞き流してしまえばそんなにひっかかる言葉じゃないのだけど、何度も聞くものだからなんなのだろうなあと思ってしまう。
「素直に」がつくのとつかないのと「うれしい」に違いはあるのかなあ。「とてもうれしい」というコメントは聞かない。「とても」は次に勝った時にとっておいてあるのかな。優勝すれば「とても」とか「すごく」とかになるのでしょうか。

少し検索してみたら、2014年くらいからスポーツ選手などのコメントで使われているらしい。そんなに新しい言葉ではないようです。だから今の高校生も使うのかな。

アナウンサーは選手のコメントをそのまま伝えないといけないから、「素直に」そのまま伝えてくれるのでしょうが、アナウンサーは「素直にうれしい」という言葉は使わないですよね。
タグ:日記
posted by Nobody at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448402356
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック