2017年03月28日

映画「ジャングル・ブック」(DVD)

ジャングルでオオカミに育てられた男の子のお話。

たぶんアニメも観てないし本も読んでいない。もっと野性的な少年のお話なのかなと思っていたのだけど。オオカミのような少年ではない。

なんと言っても驚きなのは、動物たちが英語を話している。もちろん人間の子どもの少年も。小さいときにジャングルに入ったのに。
動物たちは動物語(?)を話してるはずでしょ、たぶん。でも口の動きが人間のよう。
人間の子以外はCGだと聞いた。たぶん1匹もタレント動物はいないようです。CGがとてもリアル。
なんだかとても違和感があって気持ちが悪かった。
デフォルメされたアニメーションの方が違和感はないかもしれない。
英語を話さない動物もいるのです。この違いはなんなのかなあ。

吹き替えで観たらどうかと思ったら、なぜか違和感がないです。部分的に観ただけですが。一度観たからなのか、日本語の方がリアルじゃないのか。大人が観る時でも日本語吹き替え版で良いかも。
歌の部分も日本語です。


ラベル:映画 DVD
posted by Nobody at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック