2017年05月02日

自動車と事故

今日も高齢者ドライバーの事故のニュース。大分市の病院の入り口から待ち合いに突っ込んだようです。怖いなあ、自動車って。

高齢者ドライバーの事故が多い多いとニュースでは言うけれど、単に高齢者で自動車を運転する人が多くなってきたということなのでは。もちろん注意力や反射能力の衰えはあると思うけれど。
あんまり報道で「高齢者ドライバー」と言うので、なにか違うのではと思いました。だって高齢者じたいが増えているのだから、そういう年齢の人が事故を起こす数は増えるのでしょう。そういう年齢の人の何パーセントの人が事故を起こしているのでしょう。高齢者で自動車を運転している人は何人いて、運転する人全体の何パーセントなのだろう。

自動車の運転能力が落ちてきたという人には自動車免許の返納はしてほしいと思いますが。それにしても、報道では「高齢者」を強調してるように感じます。
本当に多いのか説明して欲しいなと思います。本当に多いのなら、運転免許の返納も増えると思うし。

このごろ駐車場での自動車事故が多いので、駐車場のそばを歩くのが少し怖くなりました。
posted by Nobody at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449536780
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック