2017年08月05日

映画「ミス・シェパードをお手本に」(DVD)

バンに住む老女と劇作家のお話。

ほとんど実話とあるけどたぶん沢山盛っている。
ただ、シェパードさんのことは本当なのかもしれない。

最初の場面でもうこの老女が事件から「逃げている」のだとわかるので、捕まってしまうのかなあと思ってしまうのですが、違いました。

ぽんこつなバンに乗って、きっと異臭のするシェパードさん。でもご近所さんは親切。表向き親切。追い払ったりなどしません。住人たちは中流でそこそこいい暮らしをしていて、つくり笑顔が上手な人たち。
シェパードさんは全然感謝せず、謝らずのなのに。

そんな所に引っ越してきた劇作家。ひとりものであまりお金はありそうにない。年老いた母親ネタの芝居ばかり。そこそこウケているようだけど。
なぜかシェパードさんが居ついてしまう。駐車場だけど。
今度はシェパードさんネタを書くようです。

シェパードさんの過去を知るうちに、どうしてこんなにも性格がねじ曲がってしまったのかなと思う。逃げていたからなのか。

シェパードさんが劇作家の家の駐車場に居ついて15年。その間にロンドンは福祉が良くなったようです。劇作家もシェパードさんもほとんど変わりがないのだけど。



舞台劇を映画化したものだそうです。やっぱりこの劇作家はシェパードさんネタで書いたんだな。
ラベル:DVD 映画
posted by Nobody at 17:47| Comment(0) | 映画(DVD) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。